Clean Archtecture

なぜこの本を読もうと思ったか

きっかけはQiitaの記事。どの記事だったかは忘れた。

自分のソフトウェア開発の知識は10年前に学んだオブジェクト指向で止まっている。ソフトウェア開発の10年分の進化は、生産性を高めるために知っておくべきだと考えた。

また、現在Kotlinを使った開発もしているが、関数型の考え方を理解していない故に有効活用できていない気もしていた。

感想

全体の感想

まだ読んでる途中だが、読んで正解だった。ソフトウェア設計における指針が新しい考え方を取り入れつつコンパクトにまとまっている。きちんと内容を咀嚼して実行できるようになりたい。できればチームのメンバーにも考え方は浸透させたい。

 

 

Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計

Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計